セブ島旅行

【子連れでセブ島】治安が悪い?ママが気をつけるポイント5つ【在住者が語る】

2020年4月25日

子連れでセブ島に行くんだけど
治安が悪いって聞くし不安だなぁ。
どんなことを気をつけたらいいの?

こんな疑問に答えます!

  この記事の内容

  • 子連れのセブ島旅行で気をつけること5つを紹介
  • セブ島の治安は悪い?在住者の本音
  • 子連れのセブ島旅行で実際にあったトラブルの例

この記事を書いている私はセブ島に6年ほど住んでおり、たくさんのお客さまの旅行をサポートしてきました。

子供を連れて来たお客さまのアテンドで、特に気を付けていたポイント5つをシェアします。

せっかくのセブ島旅行を120%楽しんで欲しい!嫌な思いをしてほしくない!という思いを込めて、この記事を書いています。

家族での旅行を安全に楽しめるように、そしてまた行きたい!と思ってもらえるように、在住者の正直な気持ちを打ち明けますね。

【子連れでセブ島】治安が悪い?ママが気をつけるポイント5つ【在住者が語る】

“【子連れでセブ島】治安が悪い?ママが気をつけるポイント5つ【在住者が語る】"

子連れのセブ島旅行で気をつけるべきポイントはこちらの5つです!

  • 子供に荷物を持たせない
  • 治安の悪い場所には行かない
  • 徒歩移動はせずにタクシーを使う
    (できればホテルのシャトルバス)
  • キャラクターグッズは持たせない。
  • 派手な時計やアクセサリーをつけない

これらは主にショッピングモールや街中のレストランなどで気をつけるべきポイントです。

順番に解説しますね。

子供に荷物を持たせない

セブ島では、落とし物や忘れ物は残念ながら返ってきません

初めての環境でいろいろな事が気になり、つい置き忘れが増えてしまいます。

特に、タクシーの中レストランの椅子は忘れ物をしやすい場所です。

ニンテンドースイッチやタブレットなどは子供に持たせないように気を付けてくださいね。

水筒、タオルなどの無くなっても困らないもののみにしておきましょう

治安の悪い場所には行かない

治安の悪い地域には興味本位で行ってはいけません。

子供たちにとって外国は未知の世界なので、何かトラブルに巻き込まれるとトラウマになってしまう可能性もありますよね。

少しでもイヤな感じがするな、と思うような場所には近づかないようにしましょう。

徒歩移動はせずにタクシーを使う(できればホテルのシャトルバス)

日本にいると当たり前に街中を歩きますが、フィリピンではとても危険な行為です。

わりと治安が良いとされている地域でもストリートチルドレンやスリが多くいるので

移動はタクシーを使いましょう。できればホテルのシャトルバスを利用するのが確実です!

主要なショッピングモールとホテルを巡回するバスが出ているので、事前に調べておくと完璧ですね♡

参考セブのタクシーはGrab一択な理由【セブでのトラブル第一位はタクシーです】

キャラクターグッズは持たせない

特にアンパンマンとドラえもんは注意。私たち家族は日本人です!と公言しているのと同じなので

水筒やリュックサックなどを持たせる場合は無地やスポーツタイプを選ぶのがおすすめです。

だけど、アンパンマンの力は偉大ですよね。アンパンチが必要な時もあります。

そんな時はアンパンマンの虫除けシールを利用してみてください。バレにくいし、蚊除けにもなるので一石二鳥です。

派手な時計やアクセサリーをつけない

これはママやパパが気をつけることです。

犯罪者は”ブランドの価値”を理解してスリや窃盗を行う訳ではありません。

  • 見た目は普通だけど100万円する時計
  • ラインストーンがついて派手だけど、実は雑貨屋さんで購入した1,000円の時計

どちらが狙われやすいかと言うと、圧倒的に雑貨屋さんで購入した1,000円の時計なんですよね。

”なんとなく目についてお金になりそうなもの”を狙ってくるので、とにかくシンプルにしておくことが大切です。

子供の安全を守るのが一番なので気をつけましょう!

セブ島の治安は悪い?子連れでも大丈夫?在住者の本音

セブ島の治安は悪い?子連れでも大丈夫?在住者の本音

セブ島の治安は悪い

はっきり言うとセブ島の治安は悪いです。そして残念ながら、日本人は特にターゲットにされやすい傾向があります。

理由はこちら

  • 日本人はお金持ちだと言うイメージが根強い
  • 警戒心が薄いと言うイメージを持たれている

実際に日本人の留学生のみをターゲットにしたスリ集団もいるほどです。

また、フィリピンは銃社会なのでスリやひったくりレベルの軽犯罪であっても、犯人が拳銃を持っている確率が非常に高いです。

子供を抱いているパパやママは片手が塞がっている状態だったり、荷物をベビーカーや買い物カートに入れている人が多いので、特に狙われやすくなります。

セブ島で治安が悪い場所

セブ島で特に治安の悪い地域として有名なのは以下です。

  • コロン(セブ島のダウンタウンエリア・有名な市場がある)
  • マンゴー(ビキニバーなどが立ち並ぶ夜の繁華街)

子連れのセブ島旅行でこの2カ所に近づくことはまずないと思いますが、興味本位で行かないようにしましょう。

売春や違法薬物の売買が行われることもあり、非常に危険です。

また、この2カ所以外の場所なら安全という訳ではありません

リゾートホテルやショッピングモールでは入り口に必ずガードマンが立っているので

ストリートチルドレンや物乞いをするような人は入れないようなシステムになっていますが、スリは日常的にあります。

また、建物の中は安全でも一歩外へ出るとホームレスやバイクに乗ったひったくり集団がたくさんいるため

移動は全てタクシーを利用してくださいね。

子連れのセブ島旅行で実際にあったトラブルの例

  • 子供がタクシー内に忘れてきたリュックサックが戻ってこなかった。
  • レストランでゲームを使っていたら、目を離したすきに盗まれた。
  • 子供を抱いている間に買い物カートに荷物を入れていたら、いつの間にかなくなっていた。
  • 日本語が話せるフィリピン人に話しかけられて子供同士を会話させていたら、荷物がなくなっていた。

などがよく報告される例です。

子供たちが退屈しないようにとタブレットやゲーム機を持ち運んでいるママを見ますが、やめた方が良いですね。

できれば絵本や何度も書いて消せるお絵かき帳などにするか、なくなっても落ち込まないおもちゃがおすすめです。

子連れのセブ島旅行を120%楽しむために

子連れのセブ島旅行を120%楽しむために

子連れでセブ島に行くのは、やっぱりやめた方がいいのかな・・・と思ってしまったかもしれませんが、けしてそんなことはありません!

事前の準備や心がけで、とても楽しい旅になりますよ♡

いちばんの防犯対策は「狙われない」ことです

セブ島は治安が悪いですが、最大の防犯は”狙われない”こと。これが一番大事です。

いくら周りに目を光らせていても被害に遭うときは遭うし、何も考えていなくてもトラブルに巻き込まれなかった人もいます。

この2者の決定的な違いは「目をつけられていないか・狙われていないか」です。

犯罪者から目をつけられない・そもそも狙われないためには、

  • 派手な格好をしない
    (リゾートワンピースなどの派手な柄はできれば避けたほうが良い)
  • 海以外の場所では帽子をかぶらない
    (キャップなどの小さなものはOK、ツバの広い麦わら帽子などはNG)
  • ブランドのロゴが入ったものは避ける
  • 時計やアクセサリーはシンプルにする

など、なるべくシンプルな格好を心がけましょう。

また、行動としては

  • カバンは小さめの物を選び、前向きに持つ。
  • 貴重品はホテルの金庫に入れておく。
  • お金は複数人で分けてもつ。
  • ポケットには何も入れない。
  • 歩きスマホをしない。

など。

多いな・・・と思ってしまうかもしれませんが、見た目については日本の自宅であらかじめ決めておく事ができますよね。

行動については、パパとママで役割分担をしておけば負担が少なく済みます。

でも、せっかくのリゾートなので可愛い格好もしたい!その気持ちとっても分かります♡

そんな時は、ショッピングモールの往復をどちらもホテルのシャトルバスを利用しましょう!

確実にリスクを最小限にする事ができます。

また、ホテル内や海に行く時のみであれば心配が少ないですよ♡

参考セブ島のリゾートホテル比較

「セブ島は治安が良いから子連れにおすすめ」ってネットに書いてあったけど本当?

セブ島の治安は他の東南アジアに比べると良い方ですし、欧米のように子供の誘拐事件などは比較的少ないのですが、

子連れでも安心して来れる場所です!というのは、ちょっと無責任かな?と思ってしまいます

もしくは、その記事を書いた人がたまたま被害に遭った事がなく、安全だと思っているのかもしれません。

私はセブ島に5年半以上住んでおり、今まで一度もトラブルに遭った事がありませんが、それでも治安が良いと思ったことはありません。

また、お客様が子供さんを連れてきた時にはいつも以上に気を引き締めてアテンドしていました。

子連れでも安心!ではなく、きちんと気を付けていれば安全に過ごす事ができる。という感じですね。

セブ島は治安が悪いですが、子連れでも十分に楽しむ事ができます。

【子連れでセブ島】治安は?ママが気をつけるポイント5つ まとめ

  • 子供に荷物を持たせない
  • 治安の悪い場所には行かない
  • 徒歩移動はせずにタクシーを使う(できればホテルのシャトルバス)
  • キャラクターグッズは持たせない。
  • 派手な時計やアクセサリーをつけない

このポイントを知っているだけでも、安全な旅に一歩近づいていますよ!

楽しいセブ島旅行の思い出ができますように♡

人気記事セブ島旅行は春休みかGW(3・4・5月)が最適な理由3つ【断言します】

-セブ島旅行
-,

Copyright© セブ島ブログ@みさき , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.