セブ島生活

【最新情報】セブ島のコロナに対する入国制限・外出制限まとめ

2020年3月16日

セブ島のコロナウイルスに対しての情報をまとめました。

この情報は3月16日の最新情報です。

※情報は常に更新されています。

  この記事は以下の公的機関からの情報をまとめたものです。

  • セブ市長の公式記者会見
  • 現地の新聞社Sun Starの公式Facebook

これらの情報はフィリピン時間の3月16日00:01から30日間適用されます。

セブ島の入国制限について

セブ島の入国制限

セブ島に入国するすべての人は14日間の隔離措置に応じなければなりません。

検疫措置の詳細は以下の通りです。

外国籍 実費にて指定の隔離施設で14日間の検疫検査
フィリピン国籍 自宅での措置が認められている

出稼ぎなどで外国に行っていたフィリピン人が帰国する場合は自宅療養OKとなっています。

これはたくさんの帰国者が出た場合に施設が足りなくなること、

また、税金で対応しきれなくなったときのリスクを考えての判断かと推察します。

外国籍の入国者に対しては”実費”で隔離施設に収監されます。

外国人のためには税金を一切使わないと言うことですね。

また、”実費”であることから入国することへの難易度を上げる意図が読み取れます。

セブ島へ日本から入国する場合

現在、セブ島への日本人の入国制限はありません。

日本からの直行便(成田・大阪・名古屋)は入国できますが、

マニラからの経由便はすべて停止されています。

(空路、海路問わずフィリピン全土からの国内便が停止中)

3月17日新着情報でフィリピン航空より

日本とセブを結ぶ全てのフライトを運休すると決定しました。

期間は3月20日から4月15日まで。

【2020/3/17】日本→セブ島のすべてのフライトが運休になります

セブ島旅行について

14日間の隔離措置が決定したことから”事実上の入国禁止”と言えます。

キャンセルもしくは返金の手続きは航空会社・旅行会社にお問い合わせください。

セブ島留学について

セブ島の全ての語学学校は2週間の営業停止命令が出されているとのことですが

公式な文書での発表はまだのようです。

現在、学校によって完全休校もしくは滞在の部屋へのオンライン授業に

切り替えるなどの対応がされています。

各学校により対応が違っていますので、各学校のHPや公式Twitterにて確認してください。

セブ島内の外出に対する措置

セブ島内の外出に対する措置

現在出ている外出措置の内容です。

20時から翌朝5時までは外出禁止

警察官などの巡回が始まる予定とされています。

飲食店等の営業時間は20時まで

レストラン・カフェ・バーなどの営業は20時までとされており

営業停止などの命令は今のところありません。

時間を守れば、通常通りの営業が許可されています。

不特定多数の集まる施設は閉鎖

映画館やジム・博物館などは閉鎖が決定しています。

なお、フィリピンはカトリックなので

毎週日曜日に教会でのお祈りがあります。

それについては明言されていませんでした。

ショッピングモールに行くのは自粛

これについては「行くべきではない」と言うに留めたので

あくまでも”自粛”であり”閉鎖や営業停止”ではないようです。

「スーパーマーケットへ食べ物を買いに行くことは制限しない」とのことなので

スーパーマーケットは通常通り営業されるが、その他の専門店は

「各モールの判断に任せる」と言うことかと推察します。

ショッピングモールの営業時間は、ほとんどのところが19時までと決定しました。

セブ島内のコロナ感染者人数

セブ島内での感染人数については確かな情報が発表されていません。

また、検査中の人も感染者の人数にカウントされており、

陰性になる人も多くいるため参考になる資料がありませんでした。

(3月15日現在)フィリピン国内のコロナウイルス患者の総数が111人・死亡者は8人。

まとめ

最新情報が入り次第、情報の更新を行います。

続報はこちら

日本→セブ島のすべてのフライトが運休
お酒の販売と提供が禁止されました
14日間の隔離措置の施設について

人気記事セブ島旅行は春休みかGW(3・4・5月)が最適な理由3つ【断言します】

-セブ島生活
-, , , , , , , ,

Copyright© セブ島ブログ@みさき , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.